読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンスターペイシェントの恐怖

対応方法を間違えると一大事!?

進化したクレーマー

医療関係者が頭を悩ませている問題の一つに、モンスターペイシェントがあります。モンスターペイシェントのせいで、診療する時間が少なくなったり、他の患者にも迷惑がかかったりするのは無視できません。スタッフも上手く対応が出来ず、最悪の場合、退職に追いやられるケースも珍しく無いのです。
モンスターペイシェントを簡単に言えば、病院や医師に対するクレーマー患者と言えます。病院側は基本的にどんな患者にも対応をしなければなりません。どんな人でも病気になるからです。
しかし、診療の内容について納得が出来なかったり、医師や看護師の態度や言い方が許せないと怒鳴り散らしたりするケースがあります。中には暴力を振るう人や、土下座を強要する場合もあるのです。

モンスターペイシェントになる人は、見た目だけではなかなか判断が出来ません。一見、普通の人や社会的な立場が上の人でも、突然豹変することがあります。被害に遭わないためには、対策をきちんと行うことが大切です。
対応策としては、冷静に対応することが大前提となります。最悪なのが、きちんと話を聞かずにただ謝罪を繰り返した結果、相手の怒りがヒートアップすることです。感情的になればなる程、患者側も興奮してしまう傾向にあります。さらに、相手の話を聞かずにこちらの言い分を被せて相手の話を中断させるのも、対応として問題があるでしょう。他にも問題行動として、「自分の責任では無いので」と責任転嫁するのもよくありません。このような対応をすると、状況が悪化する可能性が高いので、注意するべきでしょう。
おすすめのモンスターペイシェント対策についてはこちらのサイトに詳しく書かれているため、参考にしてみると良いでしょう。
《参考サイト:http://monsterpatient-committee.com